アダラートは最初は狭心症の治療薬と開発されましたが、臨床実験をしたところ高血圧の改善が認められたことから現在では高血圧改善に用いられるお薬となりました。当局ではアダラートの歴史について皆様に説明していきます。

アダラートの歴史について説明する男性

アダラートが開発された経緯について

高血圧症は近年の現代病とも言われ年々患者数が増加の一途をたどっているという傾向があります。高血圧は自覚症状が出にくいと言われる疾患であり、そのために発見に至るまでにはかなりの年月が経過していたというケースも多々あります。そのような状態にならないためにも早期の段階で高血圧症を発見するためには、わずかな初期症状も見逃さないことが重要です。高血圧の初期症状にはめまいや頭痛・肩こりや貧血などがあるようです。また症状が進行してくると全身のむくみや頻尿・動悸や息切れなどの症状が現れると言います。さらに高血圧は動脈硬化や脳梗塞・脳出血などの重篤な合併症を併発しやすい疾患のため、大事に至らないためにより一層の注意が必要です。このような高血圧の症状の治療に処方される薬剤の1つにアダラートがあります。アダラートはカルシウムが流入する受容体を阻害することで、血管を拡張させて高血圧の症状や狭心症の症状を改善する薬剤です。このようなカルシウム拮抗薬は全身の血管を拡張させる働きを持つため、強力に血圧を下げることが出来るとされています。中でもアダラートは心臓に栄養を送るための血管である冠動脈に対しての有用性が高いとされ、当初は狭心症の治療薬として開発されたという経緯があります。その後服用の際に起こる顔面紅潮や頭痛などの副作用を緩和して、服用回数を軽減させた薬剤としてアダラートLが開発されました。ここから更に研究は進み副作用をより軽減して、1日1回の服用で効果が持続するという効能を持つアダラートCRが開発されました。このようにアダラートには研究に研究を重ね何度も改良を行うことで、高血圧や狭心症の患者さんのためにより良い薬剤の提供を目指して開発された経緯があります。

アダラートを効果的に作用させる服用方法

収縮期血圧140mmHg以上、拡張期血圧90mmHg以上になると高血圧症と診断されます。高血圧症は長年の経過で脳出血、くも膜下出血、脳梗塞などの脳血管疾患、心筋梗塞、狭心症、心不全などの心疾患、腎不全など重大な病気につながってしまうため、そのような重大な症状が出る前に早めに治療を行う必要があります。高血圧症の発症は食塩摂取過多や運動不足、カロリーオーバーなど生活習慣が原因で起こることがあるため、そのような疑いがある場合には運動療法や食事療法が行われることがあります。しかし血圧コントロールの主体となるのは降圧剤を用いた薬物療法です。降圧剤にはCaチャネル阻害薬、ARB、ACE阻害薬、β受容体阻害薬、利尿剤などがありますが、なかでもCaチャネル阻害薬は降圧作用が強く、血圧コントロールが容易に行えるため第一選択薬として使用されるケースが多いです。そのCaチャネル阻害薬の中でも代表格なのがアダラートです。アダラートはCaチャネル阻害薬の中では比較的古くから存在する薬です。剤形もカプセル、L錠、CR錠が存在し、それぞれ作用持続時間が異なるため、症状に合わせて使い分けが行われます。
アダラートを効果的に作用させる服用方法に関してですが、効果的に使用するには自らの血圧の日内変動を把握しておく必要があります。日中血圧が高く、夜間10~15%血圧が下がるディッパー型や夜間に血圧が下がらないノンディッパー型、逆に夜間に血圧が下がり過ぎてしまうエクストリームディッパー型など日内変動は人それぞれです。それに合わせた選択が必要となります。いずれの剤形でも服用後数時間で最高血中濃度に達するので、就寝前や朝食後に服用すると日中の高血圧を抑えることができます。エクストリームディッパー型の場合夜間に血圧が下がらない方がいいので朝食後に作用持続時間の短いタイプを使用するといいでしょう。

アダラートを服用する前の注意事項

高血圧症は症状が出にくく気づいた時には脳梗塞や心筋梗塞などの重大な病気に感染していることがあり、別名サイレントキラーとも呼ばれています。高齢者に多いとされる高血圧症ですが近年では若年性高血圧など若い世代でも高血圧症のリスクが拡大しております。これは主に生活習慣の乱れやストレスにより引き起こされているケースが多いのですが、もし高血圧症と診断された方や日常的に偏頭痛の症状のある方、出血時に中々血が止まらないという方も高血圧症の疑いがありますので、気になる方は病院で医師の診断を受けると良いでしょう。また高血圧症の治療薬として多くの病院で処方されているお薬にアダラートという降圧剤があります。アダラートはとても効果の高いお薬として有名であり、他の降圧剤と比べ副作用が少ないと言われてはおります。しかし、血圧を下げるお薬ですので服用には十分注意が必要です。アダラートの主な副作用としてめまいや頭痛、ふらつきなどが挙げられます。また他のお薬と併用して服用が必要な方は併用するお薬によっては副作用が強くでる場合もございますので、アダラートと併用するお薬がある場合には医師や専門の薬剤師に相談すると良いでしょう。また高血圧で注意しなければならないのが食事による塩分の摂りすぎなどの食事制限が課せられる場合があります。特にグレープフルーツは血中濃度を上昇さえるため、これらも副作用が出やすいと言われていおります。この様にアダラートのような優れた治療薬であっても、服用方法を間違えてしまうことで体に大きなリスクを与えてしまいます。どんなお薬でも服用方法を良く確認し気になる項目については専門医師の指導のもと服用することが重要となります。