アダラートは最初は狭心症の治療薬と開発されましたが、臨床実験をしたところ高血圧の改善が認められたことから現在では高血圧改善に用いられるお薬となりました。当局ではアダラートの歴史について皆様に説明していきます。

アダラートの歴史について説明する男性

アダラートの効果発現時間を知る

高血圧の状態の場合にはその状態が続くとそのうち胸に激痛が走るようになります。この激痛は心臓へとつながる血管が動脈硬化などによって細くなってしまうことで、心臓の細胞に充分に酸素がいかなくなるために引き起こされます。こうした症状が起こる場合、狭心症と呼ばれる病気を疑います。狭心症を放置してしまうと心臓発作から死に至る危険性がありますので、手遅れになる前に治療する必要があります。
アダラートは高血圧の人に投与することで血圧を下げる働きを持つ薬です。血圧を正常に戻すことで、狭心症を抑えることができようになります。アダラートはカルシウム拮抗薬と呼ばれる薬です。
カルシウムと血管の間には密接な関係があります。カルシウムは骨の成分ということについては知られていますが、血管の収縮にもカルシウムが関与しておりカルシウムが血管の中に入ることで血管が収縮されるようになります。血管が収縮されると高血圧の人の場合血圧が高くなってしまうことになります。
逆に書けば、血管を上手く拡張させるようにすれば血圧は下がることになります。カルシウムが流入するための受容体を阻害させる薬がアダラートです。
アダラートには24時間ほど効果が持続させることができるCR錠のほか12時間ほど効果が持続するL錠、さらに普通の錠剤があります。普通の錠剤については、効果が強く出る代わりに効果の持続時間については短くなっています。通常主に使用されるのはアダラートに含まれている成分であるニフェジピンによる副作用を軽減する目的で開発されたCR錠あるいはL錠です。服用の目安としては、CR錠の場合は1日1回1錠を飲むようにします。L錠については1日2回1錠飲むと効果が続くようになります。

アダラートの後発品はないの?

アダラートは血圧を下げる薬として使用されている薬です。高血圧症以外にも狭心症の治療にも使用されることがあります。アダラートは昔から広く使用されていた降圧剤で、最も古いアダラートカプセル10mgは1976年に初めて薬価収載されています。ただアダラートカプセルは1日3回服用が必要なタイプの薬であったため、長期の継続服用が困難となるケースがありました。そこで長時間効果が持続するタイプへの製剤的改良が行われ、1日2回服用タイプのアダラートL錠、1日1回服用タイプのアダラートCR錠が開発されていきました。このようにして今でも広く臨床応用される薬へと成長していきました。
アダラートはカルシウムチャネル阻害薬という種類の薬です。この種の薬には他にもアムロジン、カルブロックなどがあります。この種の薬は血管平滑筋に存在するカルシウムチャネルというカルシウムイオンの通り道を塞いでしまうことによって血管平滑筋細胞内へカルシウムイオンが流入できなくなってしまい、結果血管が拡張するのです。これによって高血圧症や狭心症に効果を示すのです。副作用は頭痛、顔面紅潮、めまいなどが起こることがあります。特に用量調節のうまくいっていない初期段階で起こることが多いです。
アダラートの後発品に関してですが、カプセル、L錠、CR錠のすべての剤形で後発品が存在します。いずれの後発品も成分名を商品名としているニフェジピンという商品名で販売されています。後発品は当然薬価も安くなるので、経済的メリットがあります。経済的に厳しくなると治療の継続も難しくなってくるのでこういったメリットは大変重要となります。また古い薬であるため、他のカルシウムチャネル阻害薬の後発品と比較しても、安い価格設定となっています。

切迫早産とアダラート服用の関係

妊婦が注意しなければならないものに高血圧があります。母親や胎児の体にとって最も大切なことは血圧とされ、妊娠してから高血圧になることを妊娠高血圧症候群といいます。妊娠中期以降に高血圧や蛋白、1週間で50kg以上体重が増えるなどの症状が1~2つ当てはまれば医師から妊娠高血圧症候群だと診断されます。妊娠前に糖尿病や腎臓病にかかっていた人、元々血圧が高い人がなりやすいです。妊娠高血圧症候群が悪化すると、まだ出産に適していない段階で出血や子宮口が開く切迫早産になるリスクが高まります。最悪の場合、赤ちゃんが成長しなくても母体を守るために帝王切開で強制的に産ませることもあり、赤ちゃんを健康に育てるのが困難になります。妊娠高血圧症候群になると、まず最初に食事を管理します。病院には栄養士がいるので、1日に摂取するカロリーや塩分、タンパク質などをきちんと計算して、食事を考えてくれます。肥満の妊婦でも栄養補給は大切なので、食事の回数は減らさずに量を減らすのが基本です。日常生活では安静にしてストレスを溜め込まないようにすると血圧が下がります。それでも高血圧の状態が続く場合は、降圧剤を用いて治療が行われます。アダラートという薬は、早産防止のために服用した102人の女性全員が、安全に服用して重篤な副作用はなかったと報告を受けています。血管の細胞にカルシウムが入り込むと、血管が収縮することで高血圧になります。アダラートはカルシウムが細胞内に侵入するのを防ぐ効果があり、カルシウム拮抗剤に分類されます。血糖や尿酸などに影響しないので、どんな年代でも服用可能です。妊娠20週未満は服用できないので、医師から正式に妊娠高血圧症候群だと認められてから服用します。