アダラートは最初は狭心症の治療薬と開発されましたが、臨床実験をしたところ高血圧の改善が認められたことから現在では高血圧改善に用いられるお薬となりました。当局ではアダラートの歴史について皆様に説明していきます。

アダラートの歴史について説明する男性

血圧が高くてアダラート内服中の人は朝と暑がりに注意

血圧が高くてアダラートを内服している人は少なくありません。また冠動脈の内腔を広げる役割を持つので、狭心症の治療薬として用いられることもあります。血圧が高いというだけは余り恐怖感を感じることはないのですが、狭心症の発作を起こしてことがある人はその苦しさと不安感に恐怖を感じることもありますし、このアダラートをもっていなくては不安だという人も少なくありません。それほど疾患を持つ人にとっては重要な薬なのです。
アダラートを内服する高血圧の人は朝起きた時に注意をしなくてはいけないと言われます。就寝中は脈や血圧は落ち着いている状態ですよね。しかし起床して急に動き出すと脈は速くなり、血圧も一気に上昇することがあるからです。血圧が一気に上昇するということは血管がもろくなっている人には凄く血管障害のリスクが高くなるということです。特に高血圧の人は心筋梗塞や脳血管障害が多いと言われるので、朝は特に注意が必要です。急に動き出すというのではなく、少しずつ活動量を増やしていく。朝起きて軽いストレッチなどをしてから活動を始めるなどの対策が必要でしょう。
そして暑がりの人も注意が必要です。暑がりというのは、みんなよりも同じ温度であっても厚く感じる。つまり汗をかいたり、脈が速くなるということを意味します。暑がりで汗をかくということは、体内の水分量が失われ、脱水傾向を起こしやすいという体質です。また脈も速い状態が続くと血管をへの悪影響が考えられますね。高血圧で血管の内腔がもろくなっているうえに脈が速いと血管への圧が高くなることを意味していますから、注意が必要なのです。大切なのは血管の損傷を防ぎ、血管障害のリスクを下げるということですね。